お食事処 山楽
HOME > お食事処 山楽 > 山楽のこだわり

山楽のこだわり

  • 水

    下野の国、日光連山の湧水、日光山系の伏流水で日本ではめずらしい硬度が高い水を使用しております。

    水質は日光の山々に降る雨と雪解け水が地下へと浸透し、幾年月をかけ豊かな地層でろ過された水は、カルシウムやマグネシウムなどの天然ミネラルを多く含まれております。

    大自然がもたらすまろやかな天然水を使用した料理を是非ご堪能ください。

  • 出汁

    出汁

    蕎麦・うどんのつゆは、高級『羅臼昆布』と『カツオ厚削り』、『サバ節』、『カツオ薄削り』をふんだんに使い、さらに日光の湧水を使用したこだわりの出汁。
    そばのおいしさを際立たせるのは、なんといっても天然風味そのままの出汁。
    大釜の水が沸き立つ直前に昆布を引き上げ、鰹・サバ節を撒いて香りを散らす。
    こうすることで、食材本来の味を限界まで引き出す、極上の出汁が出来上がります。

  • 湯波

    湯波

    日光の「湯波」は、2つ折りするのに対し、京都の「湯葉」は一重で引き上げるので、日光の湯波は京都に比べて厚みがあります。
    また、一重で引き揚げる京都の湯葉には表裏があるため食感が表と裏で違います。日光の湯波は折りたたんで引き上げるので両面が表となりなめらかな食感になります。

    日光名物であるその湯波を入れたそば・うどんは出汁の味がしみて口に入れるととろけるような美味しさです。

  • 日光ヒミツ豚

    日光ヒミツ豚

    特徴
    ・保水性が高いので、うまみを逃さず調理できる。
    ・赤身の部分に適度な脂肪が含まれジューシー。
    ・肉質がきめ細かく柔らかな食感
    ・冷めても固くならず、美味しく食べられる。
    ・脂肪は白く、あっさりしている。
    ・気になる豚独特の臭みがない。

地元日光で丹精込めて生産された、美味しくて秘密にしたくなるブランド豚を山楽ではご提供しております。
餌には麦を混ぜ、栄養たっぷりにして与えています。農場内はストレスを与えないように、きめ細かな農場環境を整備。
大自然日光にある農場は、美味しい日光連山の伏流水(雪解け水など)、マイナスイオンいっぱいの澄んだ空気、 豊かな土壌、夏は涼しく最適な気候等々が揃っており、安定した成育と、肉質を高いレベルで維持しております。

山楽の店主がえらぶ地元のブランド豚、「日光ヒミツ豚」を是非一度ご賞味ください。
  • 銘柄鶏 那須どり

    銘柄鶏 那須どり

    特徴
    ・筋肉の密度と脂肪がきめ細かく適度な歯ごたえ、柔らかさがある。
    ・鶏の臭みが全くない。
    ・鍋物にも唐揚や焼鳥など、幅広い料理に合う肉質。

栃木が誇る銘柄鶏「那須どり」は、安全性を第一に重視し健康な鶏を育てる所から始め、純植物性(遺伝子組み換えでない)飼料を使い無投薬で育成された、健康で美味しい鶏を実現した銘柄鶏です。

○鶏種/チャンキー、コブ、アーバーエーカー
○羽数平方メートル/10羽平飼い
○飼育法/開放鶏舎
○日齢/53〜60日
○飼料/抗生物質の入っていない飼料、純植物性飼料(遺伝子組み換えでない)
○投薬/飼育期間無薬